iPhone故障の原因に!?純正品・認証品ではないケーブルで充電すると危険?

  • LINEで送る
MFi認証品のライトニングケーブル

iPhoneの充電ケーブルには純正品・認証品ではない物があるのはご存知でしょうか?

ご存知でない方は、知らず知らずのうちに認証品ではない充電ケーブルを使っているかもしれません。

認証品以外のケーブルを使うとiPhoneが故障してしまう事があります。

今回は非認証品を使う危険性についてお話致します。

そもそも純正品・認証品とは?

MFi認証のロゴ

アップルが販売している充電ケーブルの事を純正品と言います。

アップルが直接出しているものなので、当然高品質です。

一方、アップルが直接出してはいないものの、一定基準を満たしている充電ケーブルの事をアップル認証品・MFi認証品と言います。

認証品には「Made for」というラベルが貼り付けられています。

認証品になるにはアップルの厳重な審査を通過しないといけないので、かなり品質が高いです。

また、認証品はOSをアップデートした後でも使用出来る事を保証しているので、安心して使えます。

純正品・認証品以外はiPhoneの故障原因に!

当然、世の中には純正品・認証品ではない、いわゆる未認可の充電ケーブルも多数売られています。

未認可の充電ケーブルの方が安いので、知らないうちに未認可の物を使用している方もいると思うのですが、それはおすすめ出来ません。

何故なら、未認可のケーブルを使うと故障の原因になるからです。

未認可の物は当然品質がよくありません。

すると電圧が安定せず、iPhoneなどのバッテリーが損傷してしまう可能性が出てきます。

また、未認可品は低品質の為、すぐに断線・故障してしまいます。

安い物には安いなりの理由があるわけですね。

iPhoneユーザーならば純正品・認証品を!

未認可の充電ケーブルはiPhoneを故障させる原因になるだけではなく、性能自体もあまり高くありません。

そもそもiPhoneに認識されなかったり、iTunesとの同期が出来ない物ばかりです。

iPhoneに認識されないと充電が出来ませんし、iPhoneで音楽を聴く人にとってiTunesとの同期が出来ないと困りますよね。

ケースや画面フィルムにお金を掛けるのと同じように、充電ケーブルにもお金を掛けて良い品を手に入れましょう!

最近ではカラフルな充電ケーブルも登場しているので、白のありきたりな充電ケーブルが嫌な方はそちらを買うのもおすすめです。

純正品・認証品ではない未認可の充電ケーブルを使うと、iPhoneが故障してしまったり、iPhone本来の性能を引き出す事が出来なくなってしまう可能性があります。

「純正品とかはちょっと高いかも」と考える方もいるかも知れませんが、iPhoneが故障してしまうリスクと比べたら安いですよね。

また、純正品・認証品の充電ケーブルは1年以上の保証が付いている事が殆どですので、場合によっては安い未認可品を頻繁に買い換えるより経済的ですよ!