発火の恐れも。高品質なライトニングケーブルを使う理由

  • LINEで送る

最近ではコンビニエンスストアや100円ショップでも、ライトニングケーブルを買うことができます。

いつでも安く手に入れられるのはうれしいことなのですが、残念ながら「安さ」を重視した商品には落とし穴があるものがあります。

充電だけじゃない。ライトニングケーブルでPCにデータを転送

数百円で購入できるライトニングケーブルの中には、データ転送ができない、パソコンと繋いでもiPhoneが認識されないというものがあります。

もちろん充電はできるので、すぐに困ることは少ないかもしれませんが、データ転送ができなければ有線でのテザリングやパソコンのiTunesにiPhoneのバックアップをとったりすることができません。

「MFi」は安心安全なケーブルの印

データ転送ができないライトニングケーブルは「MFi(Made For iPhone/iPad/iPod)」というAppleのライセンスを得ていません。

落下や水没などがスマホが壊れる主要な原因として知られていますが、日々行う充電もまた壊れる大きな原因のひとつです。

充電とはエネルギーとなる電力をスマホに蓄えること。

質が悪いケーブルで電力が適切にスマホに供給されないとフル充電になる時間が遅いという現象はまだいいほうで、バッテリー自体の寿命が縮まったり、精密機器であるiPhone自体の調子が悪くなります。

質の悪いケーブルを使うと……

iPhoneの充電は時間がかかることもあり、常にユーザーの目の前で行うものではありません。

先にも書きましたが、電力はエネルギーです。

きちんと入らなかったエネルギーが原因となりiPhoneが知らぬ間に余計な熱を持ち、さらにひどくなれば発火してしまう可能性もあります。

大げさな話ではなく、安全に生活するためにも質がよいライトニングケーブルは必要なのです。

ライトニングケーブルも「安かろう悪かろう」が当てはまる

「データの転送は普段しないから、数百円のライトニングケーブルでいいや」という考え方は間違えています。

iPhone、iPad、iPodを問わず、すべてのライトニングケーブルはAppleのライセンスを受けたものを使うようにしましょう。