もう1本買うなら、使い方にあった長さを考えたい

  • LINEで送る

iPhoneを購入した際に同梱されるApple純正ライトニングケーブルの長さは1m。

家で使う時も、外出先で使う時にも不満に感じない長さですが、市販されているサードパーティ製ライトニングケーブルの長さは1mだけではありません。

ライトニングケーブルには最適な長さがある

ライトニングケーブルには使うシーンによって最適な長さがあります。例えば自分のデスクで使う時はApple純正ライトニングケーブルの1m、もしくは電源コンセントがデスクなどの下にある場合は1.5mほどの長さだとちょうどいい感じになります。

ケーブルが短くて思う位置にiPhoneを置けない、逆に長すぎて余ったケーブルが邪魔になるということもありません。

外で使うのなら短いケーブル

20cmほどの長さであれば外出時に便利です。

モバイルバッテリーとiPhoneを繋いだ状態で充電しながら鞄の中に入れておいても、ケーブルが邪魔になりません。

さらに喫茶店の小さなテーブルの上でiPhoneとPCを有線接続してテザリングする時にも最適です。

長いケーブルなら寝転がった状態でもOK!

そして長めとなる2mや2.5mのケーブルは室内での使用に最適。

AC充電器があるデスク周りを離れ、ソファーやベッドで寝転がりながらiPhoneやiPadを使う時にも、端末を充電し続けることができます。

長めの映画を見たりする際、いつもバッテリー残量を不安に思っている人には最適な長さになります。

もう1本、ライトニングケーブルを買うのであれば……

快適なデジタルライフを送るための大切なポイントは、自分の使い方に合った長さのものを選ぶこと。

もちろん、ライトニングケーブルだけの話ではなく、Andrioidスマホなどのmicro USBケーブルが必要な端末でも同様になります。

異なるカラーのケーブルを使い分ける

さらに商品によってはApple純正ライトニングケーブルと同じホワイトだけでなく、ブラックやピンクなどのカラーのケーブルも用意されています。

同じケーブルを2、3本購入するのであれば、あえて色を変えることでライトニングケーブルの識別することができます。

じょうぶに作られているものでも断線などが起こってしまいます。

色が違えばどれが調子が悪いライトニングケーブルか判別することも簡単です。

もちろん家族それぞれの使う色を決めておけば「また私のケーブル使っている」と言われる心配もありません。