ドライブレコーダーを選ぶ際の3つの注意点

  • LINEで送る
ドライブレコーダーの選び方

走行中の自動車の映像を自動的に録画するのがドライブレコーダー。

ドラレコがあれば万が一の事故やトラブルでも状況が動画で残るので、その後の処理がスムーズに進む傾向があります。

では、ドライブレコーダー選びの注意点は?

普及が進みつつあるドライブレコーダーを選ぶ際のポイント3つをご紹介します。

POINT-1:記録動画は画質が命。夜間の画質は要確認!

ドライブレコーダーは、事故やアクシデントの瞬間を自動的に録画する機器です。

走行中の様子を常時記録するタイプと大きな衝撃を受けた前後の一定時間だけを記録するタイプがありますが、どちらの場合も状況を確実に記録できることが最も重要。

つまり、ドラレコ選びでは、どんな状況でも安定した画像が記録できるかを確認する必要があります。

最近のドラレコは画質が良く、フルハイビジョン画質での記録が一般的です。

しかし、逆光や明るさの急激な変化への追従性能ではまだ製品に差があるようです。

これらは、夜間の走行を録画した映像を比較すればすぐに分かります。

購入前に確認するのがおすすめです。

POINT-2周囲の状況を逃さず記録する、画角の広さ

自動車の事故やトラブルは、進行方向だけの記録からは解析が難しい部分があります。

つまり、ドラレコに求められるのは、より広範囲の状況を記録できる画角の広さです。

一般的に、ドライブレコーダーは自動車のフロントガラスに前方を向けて装着されます。

この時、画角の狭いドラレコでは、真横から飛び出す自動車や人を捉えるのは困難です。

しかし、画角の広いレンズを採用したドラレコなら、より多くの情報を記録できることになります。

POINT-3GPS搭載なら、場所とスピードも記録可能

新しいドラレコでは、GPSを搭載した製品も増えています。

これも購入時の確認事項になりそうです。

GPSは、地球上を周回する衛星を利用して自車の位置を割り出すもの。

GPSを搭載したドラレコでは走行動画と一緒に位置情報も記録しますから、トラブルの場所も正確に記録できます。

また、その時の走行スピードも記録可能。トラブル時にも確実な証拠を残せます。

この他、GPS対応のドラレコでは、使い始めに時刻を設定する必要もありません。

これはGPS衛星から非常に正確な時刻情報を得るためです。

事故やトラブルの発生時刻は重要なデータですが、これが正確かつ確実に記録できるのは大きなメリットです。

いろいろな性能の自動車や運転技術を持つ人が一緒に走行する道路は、ある意味、いつ事故が起きても不思議ではない場所です。

そんな場所で事故に遭遇した場合、自分を守ってくれるのはドライブレコーダーが記録した客観的な動画しかありません。

その意味で、ドライブレコーダーには確実に事実を記録する能力が求められます。

今回ご紹介した3つのチェックポイントは、その記録を確実に行うために必要な重要な項目です。

ドライブレコーダーは、事故に至る状況を記録することで、あなたの正当性を守ることに役立ちます。

購入時には、チェック項目を確認して、間違いのない製品を選びましょう。