カーホルダーの選び方

  • LINEで送る
カーホルダーの選び方

スマホの普及によって、車にカーナビがなくともスマホのカーナビアプリ一つでどこでもいけるようになりました。

しかし、運転中にスマホを弄ることは出来ませんし、カーナビという特性上、どこかしらに見やすいように固定する必要があります。

そうした状況で活躍するのがカーホルダーと呼ばれる車載ホルダー。

カーホルダーで重要な基準は耐久性

カーホルダーは車内に設置し、スマホをはめ込む専用の枠に入れて使用します。そのため、常にスマホの荷重がかかる上、運転の揺れや設置場所によっては日光にさらされるなど、常にストレス環境下で使用することになります。

なので、カーホルダーで一番注意するべき要素は、どれだけ頑丈化と言う耐久性です。購入したはいいが日光ですぐに変色してしまった、運転中にへし折れたとなっては意味がありません。

カーナビとして利用していたものが突如として折れれば、焦って事故につながらないとも言えません。

形状としては細いデザインのものも多いので、しっかりと安定性のある商品が好ましいでしょう。

実際にカーナビとして使っている姿を想像する

また、その利用の大部分が見るということに集約されます。

カーナビにしろ、ワンセグでテレビとして活用するにしてもカーホルダーを利用して、利便良くスマホ画面を見る事が最大の目的ですね。

車載ホルダーの中には設置してしまうとガチガチで固定されてしまい、可動域がないものもあります。

いざ使ってみたらイメージと違ったということも考えられます。

商品を購入する前にあらかじめ利用している風景を想像してから購入すると良いでしょう。

車内で設置する場所、どんな使用目的か、可動域のある遊びが欲しいか、ガッチリと固定したいのかなど、実践を想定するとさらに後悔しないカーホルダー選びが出来るはずです。

おすすめなスマホのカーホルダー

カーホルダー吸着ゲル盤

それでは、総合的にどのようなカーホルダーが良いのでしょうか。

いくつかおすすめな車載スマホ固定ホルダーをご紹介します。

まずは取り外しが手軽に出来るタイプが良いという方は吸盤設置型がおすすめです。

車内外で好きに使用する事が出来るので、ドライブシーン以外の利便性もばっちり。

ただし、通常の吸盤タイプは基本的に外れやすいので、ジェル状の突起が付いたものがイチオシです。

車の内部は壁面がザラザラしていることが多いので、ジェル状であればしかりとかみつき、設置場所に悩む必要もありません。

さらに180°以上首が回るようであれば申し分ないでしょう。

上手く使いこなせば便利なカーホルダーも、一歩間違えればスマホのカーナビが見づらいストレスフルなものに早変わりしてしまいます。

そうならないためにも自分の欲しているタイプのカーホルダーを見極め、実践的な製品を購入しましょう。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。