手持ちのスマホをカーナビとして便利に使う方法

  • LINEで送る

高性能なスマホートフォンは、インストールするアプリ次第でさまざまなガジェットになります。

基本的な通話やメールを行う電話としての機能はもちろん、音楽プレイヤーにもなるし、地図アプリを使えばカーナビとしても使うこともできるのです。

車載ホルダーで車内におけるスマホの定位置を決める

車載ホルダーは便利なアイテムだ。

車載ホルダーにスマホをセットするようにしておけば、いつ通知が届いても確認することができます。

さらにヘッドセットがあれば、そのまま電話に出ることもできます。

また、クルマを運転している時に置く場所が決まっていれば、スマホがどこにいったかわからないといった状況も避けられるし、ズボンのポケットに入れたまま座ってしまってスマホが曲がった……という悲劇も回避できるのです。

地図アプリはカーナビとしても使える

また、Google マップやYahoo!地図など、一部の地図アプリはカーナビとしての機能も搭載しています。

目的地を入力すれば、最適なルートを表示してくれるだけでなく、ナビゲーションもしてくれます。

さらに、既存のカーナビと違いアプリは、新たな道が開通したときにすぐ反映されるなど、地図情報のアップデートも頻繁で無料。

どのクルマでも使えるため、最近では専用のカーナビではなくスマホを利用する人も増えています。

車載ホルダーはスマホを固定するだけのものじゃない

スマホをカーナビとして使ってドライブする時にも、車載ホルダーが活躍してくれます。

ダッシュボードなどにスマホを固定すれば、ドライバーは前方から目を離すことなくナビをチェック可能です。

最近の車載ホルダーであれば、スマホの脱着も簡単だし、スマホを横長の状態で保持し、よりナビが見やすい状態にしてくれるタイプもあります。

チャージャーがあれば長時間のドライブでも安心

しかし、カーナビとして使うと、バッテリーの消耗が激しくなってしまいます。

そんな時は、チャージャーなどを使って、いつでも車内でスマホを充電できる環境を作っておきましょう。

また、車載ホルダーがあれば、ケーブルの長さに合わせて、シガーソケットから遠く離すことができないチャージャーとスマホを適切な距離に調整することもできます。