ブルーライトカットの効果

  • LINEで送る

スマホの使いすぎで目が痛い、年を取ってから視力が落ちたという人、少なくないかもしれません。

目は辛いけど、今更スマホのない生活なんて無理……とあきらめていませんか?

その目の辛さ、「ブルーライト」をカットすることで軽減させることができるかもしれません。

そもそもブルーライトって、何?

ブルーライトとはよく聞くけれど、実際はどんなものかってわからない。

実は、パソコンやスマホを使っている時に起こる疲れ目やドライアイ、首や肩のこり、それから夜なかなか眠れなくなる睡眠障害などの原因となるものなんだとか。

海や川が青く見える理由でもある「ブルーライト」、人の目には見づらい光のためにちらつきが出てこれらの不調を引き起こしてしまうんだそうです。

でも、パソコンやスマホを使わずに生活するのって難しいですよね。

そこで、このブルーライトを遮断するブルーライトカットタイプの液晶保護フィルムが活躍するんです。

ブルーライトカットって、本当に効果があるの?

パソコンやスマホなど、ブルーライトと切っても切れない関係の現代人に人気のブルーライトカットアイテムたち。

液晶保護フィルムだけでなく、ブルーライトカット加工された眼鏡や、ブルーライトカットを行うアプリなども人気を博しています。

効果には個人差があるものの、やはり疲れ目などが軽減されるという声は多く聞かれます。

また、ブルーライトカットを行っても、見える液晶のカラーなどはほぼそのまま。

ストレスなく目をいたわることができるので、試してみたいという人も多いんです。

液晶保護フィルムならいつでもどこでもブルーライトカット

眼鏡タイプのブルーライトカットアイテムが人気ですが、毎日使うものなだけあっていちいち眼鏡をかけなければいけないというのが負担になってしまうこともありますよね。

それに、ファッション性を気にして眼鏡はあまりかけたくないという人もいるかもしれません。

そんな人におすすめなのが、ブルーライトカットの液晶保護フィルム。

iPhoneやパソコン、タブレットなどの電子機器の液晶部分を覆ってしまうため、360度どこから見てもブルーライトカットされる優れものです。

眼鏡を使うより、手軽に使えるかもしれませんね。

目に見えないものだけど、実は私たちの健康に深い関わりを持っているブルーライト。

負担を軽くするアイテムを上手に使って、健やかな目を保ちましょう。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。