強化ガラスを綺麗に貼る方法

  • LINEで送る

ガラスフィルムを貼る際に、気泡が入ってしまったり位置がずれてしまったり、なかなかうまく貼ることができないという悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。

今回は初めての人でも失敗しないガラスフィルムの貼り方をご紹介していきます。

強化ガラスを貼る際の失敗パターン

強化ガラスを貼る際に失敗するパターンは大きく分けて2つあります。

1つは中に気泡が入ってしまうこと、もう1つは位置がズレてしまうことです。

まず、中に気泡が入る場合、その多くは液晶画面とフィルムの間に「チリ」や「ホコリ」が入ってしまっていることが原因です。

そのため、フィルムを貼る前にホコリを徹底的に取り除く必要があります。

そしてもう1つの悩み、位置がズレてしまう場合は、今回ご紹介する方法を試していただくと失敗が少ないと思います。

ホコリを徹底的に除去する

中に気泡が入らないようにするためには「ホコリ」や「チリ」を徹底的に除去することが大切です。

強化ガラスフィルムを購入すると、一緒にクロスも付属されていることがほとんどです。

まずはクロスで液晶表面の汚れを徹底的に除去します。

次にホコリを取るのですが、その際にはセロハンテープを使用するとよいでしょう。

製品によってはホコリ除去シールが付属されているものもあります。

さまざまな角度から光を当て、液晶の表面上に小さなホコリが一切ない状態にしてください。

位置がズレてしまう場合はテープで仮固定する

表面のホコリの除去ができたら、貼り付け位置を固定します。

この時、位置決めが難しくズレてしまう場合は、スマホ本体の上に強化ガラスフィルムを置き、サイドをテープなどで固定しておくとよいでしょう。

位置が決まったら、強化ガラスフィルムをスマホの画面に貼り付け、中央部分を軽く押すと自然に空気が抜けていきます。

ホコリが入ってしまったら

気をつけて貼ったつもりでも、ホコリが入ってしまう場合もあります。

そんな時は、慌てずに強化ガラスフィルムを一旦剥がし、ホコリをテープで取り除いてください。

液晶保護フィルムのように曲げてしまうと強化ガラスが割れてしまう可能性もあるので、一部を剥がすのではなく、すべて剥がすことが重要です。

スマホを使う上で欠かせないアクセサリー、強化ガラスフィルム。貼り方のコツを掴んでおくことで失敗のリスクも少なくなり、「せっかく買ったのに1枚無駄にしてしまった」ということもなくなります。

強化ガラスフィルムを購入した際には、今回ご紹介したコツを参考にしてみてください。