ガラスフィルムの硬度9Hとは?

  • LINEで送る

スマホを購入した後のトラブルでありがちなのが「画面割れ」です。

安心のために、液晶保護フィルムを使っている人も多いのでは。最近人気を博しているのが、硬度の高いガラスフィルムタイプ。

硬度「9H」と書かれたフィルムをよく目にすることもあるのでは?

でも、この硬度って、何を意味しているのでしょう。

画面割れにはガラスフィルムが安心?

数ある液晶保護フィルムの中でも、特に人気なのがガラスフィルムです。

でも、どうしてガラスフィルムが人気なのでしょうか?

まず、ガラスフィルムは傷が付きにくくなっています。ス

マホを使っていると、無造作にカバンに入れて擦れてしまったり、割れまでいかずとも傷がついてしまうことがあります。

本体は保護されているため液晶保護フィルムの意義としてはあっているけれど、傷がついてしまうと見づらくなってしまいますよね。

強化ガラスの場合はフィルム自体が硬いために傷すらも防止してくれるんです。

また、ガラスなので通常の液晶保護フィルムと異なり、透明度も高いのです。

つるりとした感触なので、指先の引っかかりもなく安心です。

見た目重視派にもおすすめのガラスフィルム

ガラスフィルムが人気なのは、使い勝手もさることながら「貼りやすさ」の魅力もあります。

通常の柔らかいフィルムと比べると貼りづらいイメージがあるかもしれませんが、実は埃さえ取り除けば誰でも簡単に気泡のないつるりとした表面にすることができるんです。

重みがあるので、気泡が残りにくく透明度もピカイチです。

いろいろな大きさのスマホがありますが、大きいタイプでも大丈夫。

気泡が目立ちやすいタブレットタイプのスマホでも、ストレスフリーな貼り心地を実現してくれますよ。

また、この貼り心地にも関係するのが「硬度」。ガラスの中でも硬度が高いものほど、貼りやすくなると言われています。

「H」ってどこかで見た単位かも?

では、このガラスフィルムの「硬度」って、一体なんなのでしょうか?

8Hや9Hといった書かれ方をしますが、どこかで見たことがある……と思った人もいるのでは?

そう、この硬度というのは「鉛筆」と同じなんです。

数字が大きくなればなるほど硬くなる「H」という単位は、ガラスだけでなくコーティングに関係する製品で使われているJIS規格なんだとか。

「9H」と呼ぶ場合、三菱のUNI鉛筆を用いて表面を引っ掻き、どの硬度まで傷がつかないかをチェックしたときに、9Hの硬さを持つ鉛筆でも傷がつかないガラスだけを「硬度9H」と言われています。

しかし、9Hの鉛筆ってなんだか書きにくそうですよね。

 

スマホの画面割れを予防してくれる液晶保護フィルム。たくさんの種類が出ているけれど、せっかく選ぶなら、安心の9Hタイプを使ってみたいものですよね。