iPhone7にiPhone6sで使っていた強化ガラスを使えるのか?

  • LINEで送る

2016年9月16日に、ついにiPhone7/iPhone7 Plusが発売されました!

新しい機能の追加によって大きな注目を集めましたが、同時に考えなければならないのがアクセサリー類です。

ここでは、iPhone6sの画面保護ガラスやケースをiPhone7で使えるかについてお伝えします。

iPhone6sのスペック

発売日:2015年9月25日
本体サイズ:高さ138.3 mm・幅67.1 mm・厚み7.1 mm
画面サイズ:4.7インチ
重量:143g
容量:32GB/128GB
カラー:シルバー、ゴールド、ローズゴールド、スペースグレイ

iPhone7のスペック

発売日:2016年9月16日
本体サイズ:高さ138.3 mm・幅67.1 mm・厚み7.1 mm
画面サイズ:4.7インチ
重量:138g
容量:32GB/128GB/256GB
※ジェットブラックは32GBなし
カラー:ゴールド、ローズゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック
※ブラックとジェットブラックの違いは、光沢の有無。

全面保護タイプの強化ガラスは使えなくなる!?

iPhone6sとiPhone7を比較すると、両者は本体サイズ・画面サイズともに同じサイズということが分かりました。

よって、iPhone6sの画面保護用の強化ガラスをiPhone7に使えるのではないかと思うかもしれません。

しかし、iPhone6sの画面保護ガラスが全面保護タイプの場合は流用が難しいでしょう。

何故なら、レシーバーの上に位置する環境光センサーの位置がiPhone6sとiPhone7で異なるからです。

ちなみに、環境光センサーは設定画面の「明るさの自動調節」がONになっている時に機能し、明るさを検出して画面の明るさを調節する機能を指します。

この役割のおかげで、画面が見やすい明るさになったりバッテリーの節約につながります。

もし保護ガラスで環境光センサーを覆ってしまうと、これらの機能が弱まったり機能しなくなることがあります。

よって、iPhone6sからiPhone7に切り替える場合は全面保護タイプの強化ガラスもiPhone7用のものを用意する必要があります。

iPhone6のケースをiPhone7でも使える!?

保護ガラスは使えなくても、ケースは大丈夫と思われるかもしれません。

しかし、これにも問題があるのです。

iPhone6sとiPhone7では背面カメラの位置が異なります。

カメラが隠れてしまうのは致命的ですよね。

よって、iPhone6sとスマホケースをiPhone7で使おうとしても背面カメラが隠れてしまいます。

イヤフォンはさすがに流用できる!?

さすがにイヤフォンは使えるだろうと思った方。

確かに使えるのですが、iPhone7ではイヤフォンジャックが廃止されてライトニングコネクタのイヤフォンが採用されました。よって、iPhpne6sのイヤフォンをそのままつかうことはできなくなりました。

もし従来のイヤフォンを使う場合は、iPhone7購入時に同梱されるアダプタを通して使わなければなりません。

コネクタを気にせずに使えるのは、bluetoothイヤフォンです。

bluetoothならば物理的にイヤフォンとiPhoneを接続する必要がないからです。

Felicaの搭載やニューカラーの登場によって大きな注目を集めたiPhone7/7 Plusですが、イヤフォンジャックの廃止については賛否両論といったところです。

 

この記事では、

・iPhone6s/iPhone 7のスペック
・全面保護タイプの強化ガラスは使えなくなる!?
・iPhone6のケースをiPhone7でも使える!?
・イヤフォンはさすがに流用できる!?

についてお伝えしました。

iPhone6sからiPhone7へ切り替える際は、保護ガラスやケースといったアクセサリーも併せて用意していただければと思います。