スマホケース選びはココが大切!ハズせない「3つのポイント」を押さえておこう!

  • LINEで送る

現代の生活になくてはならないスマホ。

自分に合ったスペックのスマホを選ぶのと同じように、スマホケースもこだわって選びたいですよね。

スマホケースは本体をキズや汚れから保護する役割があるほか、持ち主の個性を引き出す効果も持っています。

今回、スマホケースを選ぶ時に大切な「3つのポイント」をご紹介します。

  • 「形状」のちがいを把握しよう
  • 「素材」の特徴を知ろう
  • 好きな「デザイン」を見つけよう

「形状」のちがいを把握しよう

スマホケースは、形状でいくつかの種類に分けられます。

スマホを背面からおおい、背面と側面をしっかりガードするカバータイプ。

側面にはめ込むので比較的軽く、本体のデザイン性を活かせるバンパー(フレーム)タイプ。

小さなケースのようなものにすっぽり収納して、水や衝撃から保護する筒状(スリーブ)タイプ。

そしてICカードなどを差し込めて機能性が抜群の手帳タイプなどさまざまです。

それぞれの形のちがいを、まずはしっかり把握しておきましょう。

「素材」の特徴を知ろう

スマホの

形状と同じように、素材にも個性があります。

・衝撃に強いものの、硬くて重いプラスチック(ポリカーボネート)。
・すべりにくくて持ちやすい衝撃吸収性も高い一方、汚れやすいシリコン。
・シリコンよりは硬い一方、汚れににくく耐久性も高いTPU(熱可塑性ポリウレタン)。
・高級感や個性的な印象を演出する効果がありながら、手入れが必要なレザー。

素材によっては熱に弱くて変形しやすかったり、電波を受信しにくくなったり、中には素材の厚みのせいで充電スタンドに置けなくなってしまうものもあるようです。

生活シーンや用途に応じて選ぶようにしてください。

好きな「デザイン」を見つけよう

スマホケース一覧

スマホケースの色や柄といったバリエーションは多種多彩です。

デザイナーや著名なアーティストが手がけた逸品もたくさんあります。

気を付けなければいけないのは、スマホの機種に合わせたスマホケースを選ぶこと。

ほとんどのスマホケースは機種ごとの形に合わせて作られているため、型に合わないケースを付けているとボタンが押せなくなることや変形といったトラブルにつながりかねません。

お気に入りのデザインが見つからなければ、自分でアレンジしてみるのも1つの方法です。

いつも目にするものだけに、好きなものにこだわりたいスマホケース。

「形状」「素材」「デザイン」という3つの視点で探してみると、きっと満足のいくケースと出会えることでしょう。

機能も見た目も自分に合っているものは、きっと愛着が持てるようになるはずです。

自分らしさが詰まったお気に入りのケースを見つけて、快適なスマホライフを送ってください!