ファッションに合わせたスマホコーデ

  • LINEで送る
ファッションに合わせたスマホコーデ

今や誰もが持つスマートフォン。

でも、カフェなどでスマホを使う人を見ると、仕草やシーンに大きな違いを感じることも。

その理由は、どうやらスマホカバーと服装のコーデにあるようです。

カバーやケースに気を使う人は、やっぱりおしゃれ。

スマホケースのような小物にもセンスが出ますから、選択に油断は禁物です。

スマホ本体を守りつつ、センスを表現

スマホにケースを装着する大きな目的は、スマホ本体を衝撃や傷から守ること。

でも、ケースの目的はそれだけではありません。

スマホを自分好みにカスタマイズしたり、スマホを使う自分をカッコ良く見せるのもケースの大事な役割りです。

特に、着る服とのバランスは重要。

TPOに合わせて着る服を選ぶならば、それにマッチするケースを使うのは、ファッション感度の高い人の間で、もはや常識です。

この流れをフォローするには、テイストの違うスマホケースを複数用意して、その日にマッチするケースを選ぶのが簡単。

ファッション以外にも行き先や仕事内容など、シーンに合わせてケースを着替えれば、あなたのセンスをアピールできますね。

“デキる人”を演出する、ビジネス向けカバー

プライベートはもちろん、ビジネスのシーンでも頻繁に利用するスマートフォン。

そのケースがあまりにも遊びすぎだと、ビジネス上は相手に違和感を与えるかも知れません。

もし、普段のビジネスでスーツやジャケットを着るなら、スマホケースもそれに準じたものを選ぶのが無難でしょう。

仕事でも使うのなら、基本のデザインはシンプルなのがベスト。

カラフルな商品も多いスマホケースですが、男性なら、知的で誠実な印象を与えるとされる紺色あたりは如何でしょう?

女性の場合はもう少しおしゃれが許されますが、それでも全面にスワロフスキーを配したキラキラケースは、重要な商談の場には相応しくないかも、ですね。

水辺のレジャーは油断大敵。防水タイプで乗り切ろう!

ファッションやおしゃれは、基本的に場所や相手に応じて施すもの。

正式なお食事会にカジュアルすぎるファッションはNGだし、フェスやキャンプなどにフォーマルな装いは滑稽です。

スマホケースも、これと同じ。

もし、当日の行き先や行動や分かっているのなら、前もってそれに応じたケースを装着するのがスマートです。

たとえば、プールや海などの水辺に行くのであれば、スマホケースもそれを想定して選ぶとGood。

くれぐれも、普段使っている本革ケースなどのまま水辺に行かないように!

特に本革のケースは水分を吸いやすく、サンオイルなどを吸い込むとシミが残ることもあります。

直射日光にも弱いので、充分な注意が必要です。

たかがスマホケースと侮るなかれ。

ひと目に触れる機会が多いスマホケースには、その人の個性が出ます。

メガネや時計をシーンに応じて変えるように、スマホケースも着る服に合わせて変えるのがこれからのトレンド。

スマホケースまでを含めてトータルでコーディネイトできれば、あなたの印象もきっと一気に高まります。頑張りましょう!