意外と持ちにくい? タブレットの使い勝手を解消する、とびきりの方法

  • LINEで送る

大きな画面で高解像度。

バッテリーが大きいので長時間の使用が可能なタブレットは、今や毎日の生活に無くてなならない存在です。

でもタブレットって、持ちにくくないですか?

そんな不満は、防水ケースの利用で一気に解消できますよ!

スタイリッシュになりすぎたタブレットに実用性を

初代iPadが登場して以来、各社からは非常に多くのタブレット端末が発表されています。

しかし、そのいずれもがiPadのデザインを踏襲したような、同じデザインの流れ上にあるようです。

具体的には、機械的なスイッチを極力設けない、ミニマルなデザインの流れです。

つまり、今売られているタブレットの多くは、カッコいいけど持ちにくいのです!

これを解消するのが、タブレットの防水ケースです。

タブレット用の防水ケースは、タブレット全体をすっぽりと収納します。

このため、当然ながら画面やボディの保護にも役立ちます。

そして、このケースによって、取っ手のないタブレットを持ちやすくできるのです。

アウトドアで便利なタブレットのストラップスタイル

タブレット用の防水ケースは、その多くがストラップを備えています。

つまり、首や肩から掛けることができるのです。

これまで、タブレットは手に持って使うのが普通でした。

片手で持ってもう一方の手の指で操作するのがタブレットの使い方ですが、タブレットはスマホよりも重く、しかもサイズが大きいもの。

指で挟むような持ち方にもなるので、長時間使うと手が疲れます。

しかし、ストラップで下げられれば、この負担が軽減できます。

このストラップは、キャンプなどでタブレットを使うときにも大いに役立ちます。

ストラップがあれば、使わないときに椅子の背などに掛けておけます。

これまで平置きしかできなかったのとは大違いです。

タブレットの利用シーンを広げる、高い防水性能

もちろん、防水ケースなのですから突然の雨や水辺での使用も安心です。

タブレット用の防水ケースにも、スマホ用のそれと同様に高い防水性能を持つものが数多く発表されています。

デザインやサイズも様々ですし、中には防水使用のイヤホンが付属するものもあります。

これらをチェックすることで、タブレットの使用範囲を一気に広げられるでしょう。

実は、このようなタブレット対応の防水ケースは、最近大型化の傾向にあるスマホにも便利です。

サイズさえ適切であれば、ひとつの防水ケースをタブレットとスマホで兼用できますから便利です。

スマホの防水ケース以上に、タブレット用の防水ケースはタブレットを使いやすくするのに役立ちます。

特に、持ちやすくなるのは大きな発見。

もし、タブレットのサイズ感や重量感が手に馴染まないと感じているなら、チャレンジする価値は充分あります。

自分のタブレットを携帯しやすい防水仕様にして、屋外のレジャーにもどんどん活用しましょう!

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。