iPhoneで便利なのにあまり知られてない機能

  • LINEで送る
iPhone7 nightshift

iPhoneは日々さまざまなアプリがリリースされ、iOS自体も数々の機能がアップデートされています。

その中で、すべての機能を網羅して使いこなしているという人は多くありません。

今回は、意外と知られていないiPhoneのお役立ち機能をご紹介していきます。

「Night Shift」で夜でも安心

nightshiftモード

夜、寝る前にベッドの上でiPhoneを操作する人も多いのではないでしょうか。

スマホの液晶画面から出ているブルーライトは、目の疲れの原因とされており、就寝前にはできるだけスマホを見ない方がよいとされています。

しかし、この「Night Shift」という機能を使えば、ブルーライトが軽減され、眠りにつきやすい状態になります。

「Night Shift」はiOS9.3以降の機能で、画面下部をスワイプしてコントロールセンターを出し、太陽のマークをタップするだけで設定が完了します。

また、ブルーライトカットの液晶保護フィルムも市販されているので、こちらも併用することでより目に優しい環境になります。

iPhoneがあればカーナビ要らず

カーナビの2大機能といえば、地図情報に合わせた道案内と音楽や動画再生ですが、その2つの機能はiPhoneにも備わっています。

特に、GoogleMapは、常に最新の地図情報が更新されており、市販のカーナビに搭載されている地図情報よりも正確であるといえます。

車載ホルダーを取り付けることで、運転中でも安全にナビを使うことができるでしょう。

また、AUX端子でiPhoneとカーオーディオを接続することで、iPhoneに保存された音楽や動画を高音質で楽しむことができます。

充電の裏技!機内モードで高速充電

充電する際に機内モードを選択することで、より高速な充電が可能です。

機内モードでもWiFiは設定可能なので、メールやLINEなどのコミュニケーションツールは通信可能です。

ただし、電話やショートメールは繋がらなくなるため、あくまでも緊急時のための裏技として覚えておくとよいでしょう。

ちなみに、充電器もA(アンペア)数の大きいものを選ぶことで、充電時間を短縮することができます。

意外と知られていないiPhoneの使い方や裏技をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

iPhoneそのものの機能だけでなく、周辺機器と併せて使うことでより便利なものになっていきます。

ぜひ参考にしてみてください。