イヤホンジャックがなくなる!?iPhone7の新機能・廃止機能をご紹介!

  • LINEで送る

iPhone7で変わったことって何?

2016年9月16日に、iPhone7/iPhone7 Plusが発売されました。

新機能の追加で注目を集めた一方で、廃止された機能もあることをご存知でしょうか。

ここでは、iPhone7の新機能・廃止機能についてお伝えしたいと思います。

新しく追加された機能

iPhone7/iPhone7 Plusの新機能で最もインパクトがあったのはFelicaの搭載と言えるでしょう。

Felicaの搭載によっておサイフケータイが使えるようになりました。

おサイフケータイはガラケーの時代から採用されていましたが、iPhoneシリーズにはない機能でした。

理由としては、Felicaは日本独自の技術なので、世界的に見るとシェアが少ないことが挙げられます。

AppleはマイナーなFelicaではなく、国際規格のNFCを採用してきたということです。

当然と言えば当然のことですが、そのAppleがiPhone7/iPhone7 PlusにFelicaを搭載すると発表したことで大きな注目を集めました。

その他には、新しいカラーのブラック・ジェットブラックの登場、防塵・防水加工、ストレージ容量の増加等が挙げられます。

これらの新機能の追加の影響もあり、ネット予約の段階から予約が殺到しました。

廃止された機能1 イヤホンジャック

新機能が追加された一方で、廃止となった機能もあることをご存知でしょうか。

ここでは、廃止機能についてもお伝えしたいと思います。

まずは、イヤホンジャックの廃止についてです。

イヤホンジャックはイヤホンプラグを差し込む穴のことを指します。

イヤホンジャックが廃止されたらどのようにイヤホンで通話や音楽を聴いたら良いのでしょうか。

方法としては3通りあり、1つ目はLightningポートに対応したイヤホンを使う方法です。

2つ目は、Lightningポートに接続するアダプタを用いてイヤホンジャックに変換する方法です。

3つ目は、Bluetooth接続の機器を使う方法です。

1つ目と2つ目の方法についてはiPhone7/iPhone7 Plus購入時にイヤホンとアダプタが同梱されていますが、3つ目の方法は各自で対応する必要があります。

廃止された機能2 物理ボタン

もうひとつの廃止機能は、ホームボタンとして採用されていた物理ボタンです。

ホームボタンはホーム画面に戻ったりアプリを閉じたりするときに使用する機能です。

物理ボタンは廃止され、Taptic Engineに置き換わりました。

物理ボタンでは実際にボタンを押し込むことで機能していましたが、Taptic Engineでは感圧式のセンサーとなり、疑似的に押したような感覚を得るものになっています。

廃止機能に対する利用者の反応は?

イヤホンジャックや物理ボタンの廃止は利用者からどのような反応が挙がっているのでしょうか。

実は、両者ともユーザーから疑問の声が上がっているのです。

まず、イヤホンジャックの廃止についてです。

ワイヤレスのイヤホンを使っている場合は良いのですが、従来のイヤホンを使いたいという場合には不便です。

専用のアダプタが同梱されているのですが、アダプタを用いて従来のイヤホンを使うのは見た目がスタイリッシュではありません。

次に、物理ボタンの廃止についてです。

このホームボタンの仕様変更により、「従来のホームボタンと操作感が大きく異なって違和感がある」という不満も上がっているようです。

一方で、物理ボタンの廃止によって防水加工が可能になったため、一長一短といったところでしょうか。

この記事では、

・iPhone7で変わったことって?
・新しく追加された機能
・廃止された機能1 イヤホンジャック
・廃止された機能2 物理ボタン
・利用者の反応は?

についてお伝えしました。