大きさだけじゃない!iPhone7/iPhone7 Plusの機能・スペック比較

  • LINEで送る
iPhone7/iPhone7 Plusの機能・スペック比較

①サイズ・重量

多くの人々が待ち焦がれたiPhone7/7 Plus。

ご存知の通り、この2機種は本体サイズに大きな違いがあります。

iPhone 7は138.3 mm×67.1 mm×7.1 mm、本体重量138g。

対してiPhone 7 Plusは158.2 mm×77.9 mm×7.3 mm、本体重量188g。

本体の寸法はiPhone6s/6s Plusと全く変わっていませんが、本体重量はiPhone7が4g、iPhone7 Plusが5g軽くなっています。

実はこれ以外にも、iPhone7とiPhone7 Plusには機能やスペックに違いがあります。

今回は2機種の違いについて徹底的比較していきましょう。

iPhone7/7 Plus徹底比較②ディスプレイ

当然のことですが本体サイズが違うため、ディスプレイサイズや解像度もそれに比例して変わってきます。

iPhone7は4.7インチ、解像度1334×750に対してiPhone7 Plusは5.5インチ、解像度1920×1080。

ともにRetina HDディスプレイを搭載しています。

これらはiPhone6s/6s Plusから変わっていません。

iPhone7/7 Plus徹底比較③カメラ

iPhoneにはリアカメラとフロントカメラがありますが、フロントカメラはiPhone7/7 Plusともに700万画素、F値2.2。

大きな違いがあるのはリアカメラです。

画素数はともに1200万ですが、iPhone7 Plusには広角レンズと望遠レンズの2つのレンズが搭載されています。

このiPhone7 Plusにのみ搭載される望遠レンズは、iPhoneシリーズ初の光学2倍ズームを可能にしました。

また、特筆すべき機能として「被写体深度エフェクト」があります。

これは人物などの被写体にピントを合わせつつ、背後にぼかしの効果を入れる機能。

一眼レフのような写真をiPhone7 Plusで撮影することができます。

iPhone7/7 Plus徹底比較④バッテリー

最後の比較ポイントはバッテリーです。

iPhone7/7 Plusはバッテリー容量が増えただけではなく、A10 Fusionチップの採用により効率的なバッテリー駆動を実現しています。

4G LTEでインターネットを利用した場合、iPhone7は最大12時間、iPhone7 Plusは最大13時間。

ビデオ再生の場合はiPhone7が最大13時間、iPhone7 Plusが最大14時間。

さらに音楽再生に至ってはiPhone7が最大40時間、iPhone7 Plusが最大60時間もの駆動を可能にしています。

一般的にディスプレイサイズが大きい=バッテリー消費が早いという傾向がありますが、iPhone7 Plusなら安心して毎日使うことができそうです。

結局、iPhone7/7 Plusどちらがオススメ?

ここまでiPhone7とiPhone7 Plusそれぞれの違いをご紹介してきましたが、結局どちらがおすすめなの?と思う人も多いことでしょう。

LINEやTwitter、Facebookなど、文字入力の頻度が高い場合、片手で操作できることが重要です。

また、上着やズボンのポケットにiPhoneを入れることが多い場合など、こんな人には迷わずiPhone7がおすすめです。

写真をよく撮影する人や、バッテリーの持ちを重視する人にとってはiPhone7 Plusがおすすめではないでしょうか。

サイズ感はiPhone7 Plusの大きさは手の大きな男性であったとしても片手で操作するのは非常に難しいと思います。

でもそれ以上に、大きな画面やカメラ性能、バッテリー容量など、デメリットを上回るメリットがあることも確かです。

 

iPhone7とiPhone7 Plus。

この2つのシリーズはiPhone6の代から用意されていますが、そのたびに迷う人も多いのではないでしょうか。

これまでの大きな違いはディスプレイサイズがメインでしたが、今回のiPhone7 Plusからはカメラ性能が大きく変化したことで、より一層悩む人も多いと思います。

店頭に足を運ぶ前に、それぞれの使い方に合わせて検討しつつ今回の内容を予習して行ってみてください。

後悔しない機種選びの参考にしていただければ幸いです。