iPhone7 Plusにデュアルカメラ搭載!従来品との違いをご紹介します

  • LINEで送る

iPhone7解禁!これまでと何が違うの?

iPhone7は従来のiPhoneに多くの新機能が加わったことで注目を集めました。

新機能としては、Felicaの搭載、新しいカラーの登場、防水・防塵加工、ストレージ容量の増加、デュアルカメラの搭載(iPhone7 Plusのみ)などが発表されました。

一方で廃止となった機能もあります。

まずは、イヤホンジャックが廃止となりました。

代わりに、Lightning端子やアダプタを用いてイヤホンを使用することになります。

それから、ホームボタンで採用されていた物理ボタンも廃止されました。

物理ボタンはTaptic Engineに置き換わって感圧式のセンサーが搭載されています。

新機能の追加や機能廃止については賛否両論ありますが、予約段階から大盛況を迎え、当日の店頭在庫が用意できないデザインまでありました。

大人気のiPhoneのニューモデルですが、ここでは新機能の中でも特に注目度の高いデュアルカメラについてご紹介したいと思います。

デュアルカメラとは?

iPhone7 Plusで採用されているデュアルカメラは、背面カメラに2つのレンズとイメージセンサーが搭載されています。

ひとつは広角用、もうひとつは望遠用です。

焦点距離は広角レンズ側が28mmで、望遠レンズ側が56mmです。

どちらのカメラにも1200万画素のセンサーが搭載されています。

ちなみに、iPhone7はシングルレンズでF1.8のレンズが搭載されています。

F値は光を取り込む穴の大きさを指します。

数値が低いほど高性能と考えられ「明るいレンズ」などと表現されます。

iPhone6sではF2.2のレンズが採用されていたので、性能が向上したと言えるでしょう。

デュアルカメラで変わったこと1 光学ズーム

光学ズームとは、広角側の焦点距離と望遠側の焦点距離の比率を指します。

レンズの焦点距離が長くなることで、被写体は大きくなります。

メリットは、画質が劣化しないことです。

iPhone7 Plusでは、広角レンズと望遠レンズの切り替えによって光学2倍ズームの実現が可能になりました。

新開発のデジタルズームを併用すると、最大10倍までのズームが可能です。

ただし、デジタルズームは画像の一部を拡大処理するので画素数が減り、画像の劣化が生じるのであまりメリットが感じられないかも知れません。

 

デュアルカメラで変わったこと2 ボケコントロール

光学ズームの他には、年内のアップデートで提供予定の「ボケコントロール」が挙げられます。

ボケコントロールによって、背景を自然にぼかしたポートレート写真の撮影が可能です。

画角は、自動で望遠レンズ側が選択されます。

望遠レンズの画像と広角レンズの画像を処理して人の顔や体ははっきりと、背景はボカして撮影することができるようになりました。

デュアルカメラは必要か?

デュアルカメラを使用したい場合はiPhone7 Plusを購入することになるのですが、そもそもデュアルカメラは必要なのでしょうか。

カメラの撮影が最優先事項という場合は、デュアルカメラが必要になるかと思います。

一方でメールやネット等がメインの用途で、カメラはあくまで補助的な位置づけと考えるなら、デュアルカメラは必要ないのでiPhone7で十分でしょう。

先ほどもお伝えしましたが、iPhone7もカメラの性能は向上しているのでデュアルカメラが付いていないからといって困ることはないと考えられます。

この記事では、

・iPhone7解禁!これまでと何が違うの?
・デュアルカメラとは?
・デュアルカメラで変わったこと1 光学ズーム
・デュアルカメラで変わったこと2 ボケコントロール
・デュアルカメラは必要か?

についてお伝えしました。

カメラの機能にもこだわりたいという方は、デュアルカメラ搭載のiPhone7 Plusを検討してみてはいかがでしょうか。