iPhone7とiPhone7 Plus モデルが変わっても充電器は使えるの?

  • LINEで送る

新色『ジェットブラック』をはじめ品薄のiPhone7

デザインは前モデルであるiPhone6sとiPhone6s Plusを踏襲しながら、随所にさまざまな改良が加えられたニューモデル、iPhone7とiPhone7 Plus。

「ジェットブラック」をはじめ、新たなカラーリングも好評を博しています。

あまりの人気に発売直後から品薄状態が続いています。

追加される新機能となくなったもの

カメラ機能の刷新や、3.5mmイヤフォンジャックの廃止など、iPhone7とiPhone7 Plusは機能面において大きな真価をとげています。

そのためパッと見たところ前モデルである6sと6s Plusと変わりませんが、それらのケースを装着することができません。

カメラの位置も変更され、さらにiPhone7 Plusはデュアルレンズを採用しています。

風景写真やセルフィーで活躍した外付けレンズも使えなくなってしまいました。

さらに3.5mmイヤフォンジャックによりこれまで使われてきたイヤフォン、ヘッドフォンも使用不可能。

Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタが同梱されているため、ひとまず問題ありませんが、イヤフォンのケーブルがやや長くなったことでやや使いづらくなったことは否めません。

Bluetooth接続のイヤフォンの購入を考える必要があるかもしれません。

Lightningポート/コネクターはしばらく続く

iPhoneはモデルを変更するたびに新たな機能を追加してきました。そのため本体のデザインだけでなく、ボタンやポートの場所も変更されてきました。

それにともないケースをはじめ、さまざまな周辺アイテムが必要になってきています。

iPhone6sから7sに変更した場合、ケースなどを改めて買い求めなければなりません。

そんなiPhoneですが、ここしばらく変更がない部分があります。それがLightningポート/コネクターです。

ユーザーにもたらすLightningポート/コネクター

iPhone5から採用されたLightningポート/コネクター。

充電やデータの転送に使用するLightningポート/コネクター。

それまで使われてきた30ピンのDockポート/コネクターと較べて、薄く小型でiPhone本体の薄型に貢献してきました。

またDockポート/コネクターと違いサードパーティ製の商品にも「MFi(Made for iPHone)」というApple公認のものが登場し、充電時の発熱がなく、データ転送の不具合のない純正ケーブルと同じく安全安心な商品も手軽に購入できるようになっています。

Lightning採用のアイテムは長く使える

より便利で快適な使い心地を実現するため、規格を刷新しよりよいガジェットを提供してきたAppleのiPhone。

今回のカメラ部の変更や3.5mmイヤフォンジャックの廃止はこの流れに伴ったものです。

そんなiPhoneですが、Lightningポート/コネクターはiPhone5登場時に採用したまま、今回のiPhone7とiPhone7 Plusにも採用されています。

一部のAndroid端末では採用済み、新型iPhoneでも採用されるかもと言われていたケーブル接続を必要としない「Qi」のようなワイヤレス給電がメジャーになるなどしてLightningポート/コネクターがなくなる時がくる可能性はあります。

しかし「Qi」はまだまだ一部の尖った人向けのアイテムでしかなく、しばらくはiPhoneにはLightningポート/コネクターが採用され続けていくでしょう。

変化を続けるiPhone。

すぐ使えなくなる周辺アイテムなら買ってももったいないと思ってしまいますが、Lightningポート/コネクターを使うものであれば、今から購入しても問題ないでしょう。

具体的には急速充電対応Lightningケーブル一体型AC充電器(http://www.owltech.co.jp/acjslt)といった充電器や充電ケーブル。

最新のiPhone7とiPhone7 Plusはもちろん、今後登場するであろう次のiPhoneもLightningポート/コネクターを採用する可能性は高いので、あと数年使うことができると思います。