人気の新色『ジェットブラック』にもスマホケースは必需品

  • LINEで送る

一番人気の新色『ジェットブラック』

さまざまな面において、性能の向上が図られたiPhone 7とiPhone 7 Plusですが、見た目において最も特徴的なのは新色の登場でしょう。

これまでも黒系のモデルとして「スペースグレイ」というカラーが用意されてきましたが、今回はより落ち着いた印象を与えるマットな「ブラック」と艶やかで高級感がある「ジェットブラック」の2色が追加しました。

漆器のような輝きを持つジェットブラックは一番人気です。

指紋がつきやすい、傷がつきやすいという評判はあるものの多くのユーザーがジェットブラックを買い求めています。

そんなジェットブラックの高光沢仕上げは、「精密な9段階の酸化被膜処理と研磨加工処理によるもの」とAppleは解説しています。

つまりこれまでのどんなモデルよりも加工に手間がかかっているということ。

完成までにかかる時間もこれまで以上。

品薄になってしまう状況も、ある意味仕方のない状況ともいえるでしょう。

ベゼルも美しいジェットブラック

そんな美しく、高性能なiPhoneだからこそ、末長くきれいに使っていきたい、と考えるのは当然のことです。

使うたびについてしまう指紋の汚れは仕方ないとしても、擦り傷などは極力避けたいもの。

そこで現実的な方法として考えるのがiPhoneケース。

美しい背面の仕上がりは、隠れてしまいますが、それは自分だけの楽しみとして、iPhoneはケースでしっかり保護するのもよいでしょう。

ちなみに、ジェットブラックはベゼル(表面、ディスプレイを囲む枠)も高光沢仕上げになっているのでケースを付けていてもその美しさを味わうことができます。

6s/6s Plus用ケースは使えない

iPhone7とiPhone7 Plusですが、サイズ的な変更はありませんが、カメラのサイズ、位置が異なっています。

そのため、装着できそうですが6/6 Plusのケースをそのまま使うことができません。

現在、各社から7/ 7 Plus用のケースが新たに発売されています。

iPhone、スマホケースは、ここ数年のヒット商品であり、ユーザーの使い方に合わせて様々なタイプが発売されてきています。

メーカーとしても、最初となるケースはユーザーからの需要も大きいタイプが揃っています。

シンプルなタイプも人気ですが、ディスプレイもしっかり保護する手帳型は豊富。

まず最初のケースとして、この手帳型を選ぶのもよいでしょう。

迷ったら手帳型のケース

手帳型の特徴は、なんといってもiPhoneをしっかり保護してくれること。

落下による破損だけでなく、机などに置いた時についてしまうすり傷からも守ってくれます。

この特徴はジェットブラックに欠かせないもの。

さらにハンドストラップなど付けられるため、不意に落としてしまう心配も少なくなります。

また手帳型の多くはクレジットカードを入れられるカードポケットがあります。

iPhone7とiPhone7 PlusはApple Payに対応しますが、すべての支払いをそれだけで行うことはできません。

iPhoneひとつで外出するのなら、カードポケットは欠かせないものです。

上記の条件を満たすケースとしてオススメなのはオウルテックが発売するiPhone7対応 手帳型ケース ベルトなし(http://direct.owltech.co.jp/fs/owltech/iphone7_case/owl-cvip712)です。

ブラック×ネイビー、ライトピンク×ホワイトなど定番的なツートンカラーのモデルが4種類。

差し込み型ホルダーを採用しているためiPhoneを装着しやすく、またベロ型ではなくマグネットを採用しているためケースの開け閉めも快適です。

 

新しいiPhoneを手に入れたら、傷がつく前に用意しておきたいiPhone用ケース。

デザインやサイズはいっしょでも6s /6s Plus用は残念ながら使うことができません。

iPhone本体はもちろん、ケースが変われば気分も変わるもの。

ひとまずは使い勝手もデザインもいいケースを手に入れておけば安心。

iPhone 7/7 Plusライフを満喫しましょう!