防水レベルIPXって何?

  • LINEで送る
防水レベルの基準IPXとは?

カメラやスマホなどの電子機器には、防水(水に対する保護性能の強さ)や防塵(砂や埃に対する保護性能)の強さを特徴とするものがあるが、その程度は製品によって異なる。

その程度は、「IPX」という等級で表現されている。

商品のキャッチコピーやスペック表で見たことがある人も多いのではないだろうか?

「IP○○」は防塵、防水に対する基準のこと

IPXとは「International Protection」のことで「X」には「68」のように2ケタの数字が入る。

左の数字はいわゆる防塵レベルに対する保護等級を示している。0~6級まで順に7つの等級があるが、6級で完全な防塵構造であることを示している。

右の数字は水の浸入に対する保護等級を示しており、こちらは0から8級まであり、最高の8級になると水面下での使用できるようになる。

IP68なら、どんな悪条件下でも安心して使える

つまり防塵、防水性能において「IP68」であれば、「完全な防塵構造で水面下での使用も可能」ということになる。

最近は、IP68の基準を満たしている防水ケースも多い。

もし水辺や水中でカメラやスマホなどを使いたい場合は「IP68」のケースを使えば、問題ない。

しっかり封をしないとその性能は発揮されない

最近では、防水性能の高さをうたうスマホも登場しているが、とはいえIPXを公表していない場合は、いくら防水性能が高いとされていても、水中での使用は避けたい。

あくまで台所など水周りでの使用に止めておきたい。

またスマホでも防水ケースでも、指示された方法でしっかり封をしなければその性能を発揮できないので注意が必要だ。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。