災害対策特集

企業として出来ること

災害発生時に大切な社員や地域住民を守るために
御社はBCP策定してますか?

BCP(事業継続計画)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

ポイント!!

BCPの策定は企業価値を上げる

2016年4月に発生した熊本地震では、東日本大震災の教訓からBCPを策定した企業の復旧がとても早かったそうです。また、BCPを策定する事で社員満足度も上がり、取引先など他企業から信頼も厚くなるなど、企業価値が向上したという企業もあったそうです。

今の時代は社会的義務に

企業の防災備蓄は義務です

ご存じですか?

東日本大震災以降、様々な自治体で企業に対する防災用品の備蓄に関する条例が施行されました。自治体により内容は異なりますが、多くの自治体では最低でも”3日分の備蓄”が必要とされています。

東京都の場合

東京都帰宅困難者対策条例(条例第十七号)
一、事業者に従業者(アルバイト・パートを含む)の一斉帰宅の抑制と従業者の三日分の食糧等の備蓄についての努力義務を課します。

最低でも3日分の食料と電力の確保が必要です 最低でも3日分の食料と電力の確保が必要です

災害が発生してからライフラインが復旧するまでには、その資源を確保しておかなければなりません。
社員と家族への安否確認、取引先などへの状況と今後の対応の連絡、さらには地域住民へのサポートなどなど。災害に備え、企業として最低限の準備をしておくことをオススメします。

オウルテックからのご提案

オウルテックでは災害時に使える充電バッテリーや防水ケースなど各種取り揃えております。
通常業務にもお使いいただける上、災害や停電時には非常用としてお使いいただけます。
大量購入をご検討の方は無料お見積りを承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お得な防災セット商品

  • 防災セット商品(1)
  • スマホや周辺機器の電力確保に最適な防災セット

    セット内容
    1. 防水バッグ 20L(1個)
    2. モバイルバッテリー 10,000mAh(2個)
    3. 乾電池モバイルバッテリー(2個)
    4. 防水ケース(2個)
    5. 3in1ケーブル(2個)
    6. シガーソケット充電器(1個)

災害時の連絡手段として無くてはならないスマートフォン。いざという時に充電切れにならないよう、スマートフォンや周辺電子機器の充電に使えるモバイルバッテリー、各種ケーブルなどをまとめたお得なセット。さらに、防水バッグへこれらを一式収納しておけば、いざ避難するという時に素早く持ち出す事ができます。

大量購入を検討されているご担当者様

特別価格にてお見積りいたします!!

個数が多い場合は通常販売価格よりお値引したお見積もりを発行致します。
お見積りをご依頼いただくと「特別価格」「在庫保証(2週間)」「各種書類発行」にてご対応させていただきます。ご不明な点などありましたらお気軽にお問合せください。

電話でのお問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせはこちら
防水ケース
モバイルバッテリー
ATX電源
YABEKE